キャバクラの料金で失敗しない知識

男性向け記事

これお金かかるの?キャバクラの料金で失敗しない知識

キャバクラに行っていざお会計をしてみると、

「一人5000円って言ってたのに会計してみるともっと高くなってた…」
「指名した覚えがないのに伝票に指名料が載っていた…」

こんな経験ありませんか?

こういった料金のトラブルを未然に防ぐために、何にお金がかかっていて、何と言ったら指名したことになるのか把握して対処しましょう。

キャバクラでお金がかかるもの

キャバクラの料金は少し分かりにくくて、明確に「これをください」と言わなくてもお金がかかることがあります。

キャバクラで楽しむ

指名:「ここにいてもいいですか?」

キャバクラでは指名が無いと通常2~3人の女の子が順番に着きます。

交代の合図で女の子が呼ばれた時に、「もう少しここにいてもいいですか?」と言ってきたらそれは「ご指名頂けますか?」という意味なのです。

「うんいいよ」と言ってしまうと指名になって料金もかかります。

キャバクラを目いっぱい楽しむためには、自分がほんとに気に入った女の子を指名する事が大切です。

ダブル指名:「仲の良い友達も呼んでいいですか?」

1人で指名の女の子と飲んでいて、「友達も呼んでいい?」と聞かれたら場内指名になることが多いです。

お店にとっては貰う指名料よりも女の子に支払う時給の方が高いので、その友達をずっと席に着けておく場合には、セット料金も2人分になる可能性が高いです。

ドリンク:「何か一緒にお酒頂いてもいいですか?」

キャバクラでは女の子のドリンク代はお客さんが支払います。

一般的には1杯1000~2000円くらいで、グラスワインは高めなお店が多いです。

上目づかいでドリンクをねだられたらなかなかNoとは言い難いですが、着いた女の子全員にドリンクを出していたらそれだけで5~6000円になってしまいます。

気に入った女の子だけでもOKなのです。

フード:「何か食べてもいいですか?」

キャバクラのフードは正直高いです。

お店にもよりますが、だいたい1品1000~3000円くらいします。

値段の入ったメニューを見せて貰って選びましょう。

持ち込み料

お酒や食べ物の持ち込みは受け付けていない飲食店がほとんどですが、キャバクラでは持ち込み料を請求することで持ち込みを受け付けているお店が多いです。

物にもよりますが、相場は1000円~3000円くらいです。

また、お寿司などの出前でも持ち込み料を取るお店もあります。

同伴料

女の子と食事をしてから一緒にお店に行くことを同伴と言います。

この同伴にお金がかかるお店もあり、相場は3000円~5000円くらいです。

自動延長

延長確認があるお店と無いお店が存在します。

歌舞伎町や銀座六本木、西麻布などの高級店は自動延長がほとんどです。

心配な場合は事前に、「延長確認してください」とスタッフに伝えておきましょう。

サービス料

多くのキャバクラが10%~20%のサービス料を設定しています。

高額なお店になると30%以上にもなります。

ですので最終的な料金は、サービス料と消費税を加算した金額になります。

入店前に「5000円でいかがですか」と言われた場合には、「税サ込ですか?」と確認しましょう。

指名やドリンクの断り方

指名やドリンクは気に入った女の子だけでOKです。

女の子も断られることには慣れているので、深く考えすぎずにさらっと断りましょう。

キャバクラで指名やドリンクを断る方法

接待の下見の体

「今日は接待の下見で会社の経費だから接待当日かプライベートの時にね!」

はっきり断る

「指名する女の子に全力投球するから」

可能性を残して断る

「一回り女の子と喋ってみて、それからまた呼ぶかも」

 

キャバクラはぼったくり店に行かない限り、料金システムをきちんと把握して楽しめばトラブルになることはほとんどありません。

財布と相談して予算の中で最高の楽しみ方をぜひ見つけてください。

-男性向け記事

© 2021 キャバクラナビ